FC2ブログ

酒のゆたか屋 晴れときどきブログ

広島県福山市の東の外れに在る小さな酒屋です。 日々感じた事と出来事、そして愛するお酒にまつわる話しを中心に日記にします。 自分自身そしてゆたか屋の成長の記録となれば幸いです。 宜しくお願い致します。

        酒のゆたか屋

顔黒らべる!?

顔黒ラベル発見!
当店で人気の麦焼酎「一粒の麦」のラベルが顔黒!?に変身です。
(写真の真ん中が旧ラベルです。)

よーく見ないと分かりにくいのですが、「本格麦焼酎」の書体がしっかりとした字体に。
一粒の麦」の書体は変わっていませんが、字体がグレード・アップして厚みと光沢が!
ラベルが顔黒になったぶん薄暗い当店では、ラベルの変化に気付きにくい&探しにくい焼酎になると・・・と思いますが、中身は・・・軽快でまるい味わいのまま。
ファンが多く、相変わらずの売れ行きです!!

「顔黒」になりましたが、軽快でまるい味わいの麦焼酎「一粒の麦」を、今後共宜しくお願い致します。

ゆたか屋
店長

CIMG1871.jpg
スポンサーサイト



  1. 2008/02/25(月) 15:04:06|
  2. お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

営業時間の変更です。

お知らせ

平成20年3月1日土曜日より
営業時間の変更をします。

AM 11:00 開店
PM  6:00 閉店
  日・祝 お休み

とさせて戴きます。

諸事情により当分の間、店長一人での営業となります。
一人になる事で、色々とやる事が増えこの時間内が
精一杯と判断しました。
何かとご迷惑をおかけしますが、応援して下さい。
宜しくお願い致します。

元気とやる気が一番で、お酒を勉強したい、お酒大好きの方。
一緒にお仕事しませんか?
   
酒のゆたか屋
店長
  1. 2008/02/22(金) 14:03:26|
  2. 店舗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本のワインは日本酒。その2

日本のワインご紹介 その2です。

下の写真は、山梨県・勝沼醸造のワインです。

昨年(2007年)より、JALの国際線の機内サービス用ワインとしても選ばれました。
世界的な日本食ブームにあわせて、味噌・醤油・わさびなど和食を代表する味と勝沼醸造の甲州ワインとの絶妙な相性の良さを知っていただこうとする試みだそうです。
JALファーストクラス&エグゼクティブクラス欧州線での提供ですので、世界の銘醸ワインにひけをとらない評価ですね。

特に勝沼醸造の「アルガブランカ・シリーズ」は、全国でも130店の特約店のみの取り扱いで、当店もその中の1店である誇りを持っています。
「良いワイン造りは、良いぶどうつくりであり、ワイン造りは農業である」を実践され、魂をこめて醸されています。一人でも多くの方に、勝沼醸造・アルガブランカワインの素晴らしさを知って戴きたく日々の営業に努めています。

また、勝沼醸造・有賀雄二社長は世界のマーケットで飲まれるようになって、初めて日本のワインと呼べる。勝沼醸造を日本のビッグシャトーに育て、この勝沼の地に還元して、地域全体の活性化につなげられたら、「俺はもう死んでもいい」とまで思っていると話されている事に、ただ事ではない情熱を感じます。

実際、当店でもお客様からの評判は良く、確実にファンが増えています。

世界に羽ばたく勝醸ワイン!になる日も夢ではないでしょう。

CIMG1865.jpg
  1. 2008/02/20(水) 15:10:56|
  2. お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本のワインは日本酒。 その1

日本のワインは、いまや立派な「日本のお酒」に成長してます。(進行形)

ワインの品質を決める要素は、「ぶどうの品種」「気候」「土壌」そして「人間」と言われています。
特に「人間」の部分で言えば・・・。
日本のワイン醸造家には情熱的。そして勤勉さにかけてはフランスの醸造家を凌ぐ人たちが沢山います。
私には日本人の気質そのものが、お酒造りに適しているように感じます。
注:外国人は、大雑把と言ってるわけでは御座いませんので・・。

長野県塩尻で家族の想いを育み、夢のワイン造りをしているワイナリーがあります。
家族三人で醸す、小さなワイナリーです。
ワイン造りで風土を表現し、人生を豊かにするワインを造っています。

「ぶどう」そのものの味がダイレクトに味わえて、しっかりとした味わいが残ります。
昔の日本ワインのような水ぽいワインではありません。

いま、日本は「食」に関して沢山の課題をかかえていますよね。
どこぞの餃子問題は今始まった訳ではないと思います。
外国のワインも確かに良いでしょう・・・・。
おっと・・・愚痴ぽくなりました。ゴメンナサイ。

ぶどう作りから始まりワインまで。
ワイン造りも農業です。
皆さん!!目の届く日本のワインを応援しませんか?

特に・・「日本のワインは・・・・・。」で、始まる飲食店様。
日本のワインの良さを知ってるお客さま達は飢えていますよ。
お酒に対する視野を広く持ち、リスクを恐れずに取り組んでみませんか?
お店の格上げの為にも・・・・・。

下の写真が家族三人で醸す・・・城戸ワインです。
一部のワインは品切れ中になっていますがご了承下さい。      その2に続く。
CIMG1866.jpg
  1. 2008/02/16(土) 14:38:29|
  2. お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせ

「宝山」価格改正のお知らせ

3月1日より、「宝山」が価格改正されます。
焼酎造りに関する原材料及び重油の高騰に加えて、焼酎粕処理価格の高騰が予想を上回る勢いで続いており已む得ない価格の見直となりました。
申し訳御座いませんが・・・・・・ご理解の程、宜しくお願い致します。
これからも変わらぬ応援をお願い致します。
宜しくお願い致します。

ゆたか屋
店長

・富乃宝山 1800ml 2,961円(税込)
・吉兆宝山  720ml 1,500円(税込)
・白天宝山

一粒の麦 1800ml 2,130円(税込)
       720ml 1,100円(税込)

その他商品につきましては、店頭にて・・・・・お問い合わせ下さい。
  1. 2008/02/09(土) 16:37:53|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒いので・・・・

ここの所、・・・・福山では寒い日が続いていますが、皆さまお元気でしょうか?
先日の鹿児島出張まで、何年かぶりに「しもやけ」になっていましたが、帰福後にはいつの間にか「しもやけ」も完治!!これも処変われば・・なんとか効果?・・・で・・・しょうか?

寒ければ、なんとか気分だけでも南国をイメージして盛り上がろうとするのは私だけ?でしょうか?
この季節に、掟破りの泡盛を紹介しちゃいます!

沖縄・久米島の米島酒造様の手造り泡盛「久米島」と「美ら蛍 古酒 ちゅらぼたる」です。
ご家族で造っている小さな蔵で、数年前までは久米島外にはあまり出回っていませんでした。
お米の味がしっかりと味わえて、古酒の風味が生きていますので、あらゆる飲み方に適しています。
特に魚介類の焼き物に適していますよ。
当店では、泡盛通のお客様にも喜んでいただいております。

久米島&美ら蛍を飲んで、盛り上がりましょう!

この度、ラベルも一新!
美ら蛍 古酒 30度 1800ml 3,465円(税込)
久米島    30度 1800ml 2、500円(税込)

お試し下さい。


CIMG1864.jpg
  1. 2008/02/06(水) 12:24:00|
  2. お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いい味だしています。

今年もいい味に仕上がっています。
地元・福山の地酒 『天宝一 てんぽういち』 です。
特に、生きの良い瀬戸内の魚には好相性です。
お燗酒用に醸された、コクとキレの良いお酒です。
今晩はこれ呑りましょう!

お燗酒 天宝一 山田錦 純米70
1800ml 1,995円(税込)

CIMG1861.jpg
  1. 2008/02/05(火) 16:50:56|
  2. お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出張してました!

鹿児島に出張してきました。
今回も一泊二日のスケジュールを組み、蔵元様に本年の挨拶と近況報告をしてまいりました。
お取引蔵には出来るだけお邪魔するように心がけていますが、二日店を空けるのが限度です。
この度は、「宝山」の西酒造様にお伺いをして来ました。
西酒造様は訪れる度に、夢と希望を与えてくれる蔵元です。
西陽一郎社長の片腕・有馬工場長と今後のお話をさせていただいた後、工場内を案内していただきました。
最近になり、研究開発部で廃棄物の出ない(ゼロエミッション)焼酎造りに取り組んでいるとの事でした。
焼酎粕を利用して、「もろみ酢」・「もろみ梅ドレッシング」・「もろみせんべい」・「もろみクッキー」を作ってられましたので、「もろみせんべい」を試食。
結構美味でしたが、まだまだ試作の段階で商品化は未定だそうです。
「焼酎蔵として出来る社会貢献は何でもやりたい!例え、0.01%の確立でも宝山が旨くなる事ならとことんその為にやります。」と力強いお言葉を戴きました。
夜も、有馬工場長に食事をご馳走になり、深夜1:00頃まで語り合いました。
有馬さん、ありがとう!八連チャンお疲れ様!!
翌日は大丈夫だったのか?心配しながら鹿児島を後にした店長でした・・・・・完。

色々と写真を撮って来てはいるのですが、複数の画像UPの方法が勉強不足で・・・ゴメンなさい。
下の画像は西酒造入り口にそびえ立つ宝山の看板です。蔵の近くの所々に立っています。

御礼
因島総合病院の村上先生様
西酒造様のDVD有難う御座いました!島様より受け取りました!
お忙しい身柄、病院に電話するのは気が引けましたので、この場を借りて御礼をさせていただきます。
有難う御座います。

CIMG1859.jpg
  1. 2008/02/01(金) 15:56:49|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたか屋 店長

Author:ゆたか屋 店長
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する